税理士の仕事のコツ4 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士の仕事のコツ4

20140212

お客さんの税務署へ提出した法人税申告書などは全てPDFにして
電子ファイル保存をしておきましょう。

そして、そのPDFはお客さん先、外出先からも
参照することができるようにしましょう。
そうすることでお客さん先からであっても、
申告書に対する質問に即答できます。

「税務署に提出した申告書と同一内容の申告書を保管する」
ことが大事であって、
TKC、JDL、ミロクなどのシステムで作成した申告書データ自体の保管は
それほど大切ではありません。
仮に失ったとしても、PDFさえあれば簡単に復元できます。

つまり、法人税申告書のシステムデータを守ることに
コストをかけるのはナンセンスであって、
税務署に提出した法人税申告書のPDFデータを守ることにこそ
コストをかけるべきなのです。



関連記事

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。