税理士法人のパートナー税理士(共同経営者)を募集します - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士法人のパートナー税理士(共同経営者)を募集します

20120615

税理士法人のパートナー税理士(社員税理士)を募集します。

現在、私は税理士法人に勤めていますが、
平成26年8月まで(2年以内)に独立することを考えています。
独立と同時に税理士法人を設立したいと思っています。
そこで、当ブログにて一緒に経営を行って頂ける
パートナー税理士(代表社員税理士 or 社員税理士)
を募集したいと思います!

以下、募集要項です。

--------------
[ 1 ]個人事業主としての独立ではなく最初から法人設立をしたい理由
1.強固な組織体制とすることが
お客様獲得・維持のために必要であると考えます。
また、強固な組織体制はお客様の利益につながります。
個人事務所では規模の拡大、お客さんからの信頼面、
従業員のモチベーション維持に限界があります。

2.税理士法人の設立で税理士事務所の成長スピードを速めたいです。
経営者マインドを持った2人のパートナー税理士による
組織運営ができれば、1人の税理士による組織運営よりも
倍以上のスピードで成長することができると考えています。

3.公平・合理的な組織を構築していきたいです。
公平・合理的な組織運営が従業員のモチベーションを高めるために必要です。
一人所長の税理士事務所は不公平・不合理な組織運営が行われていることが多いです。
お客様のためにも、そこで働く従業員のためにも
パートナー税理士と一緒に公平・合理的な組織構築をしていきます。

------------------
[ 2 ]望む人
1.東京都心で働くことができる人。

2.営業ができる人
 営業の仕組みを考え、それを実践できる人。

3.商品開発ができる人
(商品開発といっても難しく考える必要はありません。
お客さんのニーズが何かをくみ取ってそれをサービスに反映できれば
それが商品開発です。お客さん志向であることが必須です。)

4.税理士法人運営のための環境整備ができる人
(従業員の働きやすい環境整備、業務効率化の仕組み構築)

5.税法の院免除は不可です(会計免除は可)。
公認会計士・税理士は可です。

6.25~38歳くらいの人が希望です。
(私は今年34歳です。)

---------------
[ 3 ]金銭的な目標
設立後、3年以内にパートナーは年収1,000万円以上(税・社保 込)を目指します。

----------------
[ 4 ]流れ
こちらの応募フォームからご連絡ください。
(応募ではなく、質問だけでもOKです)

私よりメールにてご連絡します。
お互いに面談いたしましょう。
面談回数は複数回になることが想定されます。

お互いが共同経営者として気に入れば
法人立ち上げ打合せ、準備作業を行っていきます。

税理士法人設立


応募お待ちしております。
詳細は面談してお話しましょう!
関連記事

trackback

まとめtyaiました【税理士法人のパートナー税理士(共同経営者)を募集します】 :まとめwoネタ速neo

税理士法人のパートナー税理士(社員税理士)を募集します。現在、私は税理士法人に勤めていますが、平成26年8月まで(2年以内)に独立することを考えています。独立と同時に税理士法人を設立したいと思っています。そこで、当ブログにて一緒に経営を行って頂けるパートナ...

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。