面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問6 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問6

20120602

これまでは、税理士事務所の面接で聞くと
落とされてしまうかもしれないので質問しないほうがいい質問を書いてきました。

面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問1
面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問2
面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問3
面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問4
面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問5


このシリーズの最後、落とされてしまったとしても
この質問は面接でした方がいいです。
この質問をして落とされてしまったとしても、
落とされてしまった方が幸せだからです。

「従業員が作成した税務申告書は、
税務署に提出する前に上司が内容をチェックして
承認する体制になっていますか?」

--------
税務申告書のミスの責任は
その税理士事務所の代表税理士が取らなければなりません。

代表税理士が責任を取ることができる体制とは、
税務署に提出する申告書を
提出前に代表税理士(あるいはそれに準じる責任者)
が、従業員が作成した成果物をチェックしていることです。

仮に、チェックする体制になっていなかったとしても
税理士事務所として商売をしている以上、
もちろん従業員が責任を取るのではなく代表税理士が取ることになるのですが、
立場の弱い従業員としてはチェック体制があった方が
ミスはチェックする人が見つけられなかったのが原因であるという
エクスキューズができるのでそちらの方が望ましいのです。

チェックする工程がある以上、
ミスが発生してお客さんに損害を与えてしまったのは
チェックする人の仕事に瑕疵があったためであって、
申告書を作成した従業員の瑕疵ではないということを堂々と言えるのです。

従業員のミスは、税理士事務所内だけでのミスで済まなければなりません。
お客さんに損害を与えてしまったときに
責任を取るのはその税理士事務所の代表税理士です。

チェック体制がない税理士事務所は、
希だと思いますのであまり心配する必要もないのですが、
この質問をしたときに回答に詰まる税理士事務所があるようであれば
そこはテキトー税理士事務所ですので
そのようなところには就職しないほうがいいです。


関連記事

trackback

まとめtyaiました【面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問6】 :まとめwoネタ速neo

これまでは、税理士事務所の面接で聞くと落とされてしまうかもしれないので質問しないほうがいい質問を書いてきました。面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問1面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質...

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。