面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問3 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問3

20120508

続いての質問です。

「税務知識・税務事例を従業員で共有化する仕組み作りは行われているか?」
「税務知識・税務事例のデータベース作りが行われているか?」

実務上、よく登場する事例や
注意しなければならない事例が
税理士事務所内でまとめられおり、
そこに従業員がアクセスできるようになっている仕組みがあると
業界初心者に取っては仕事が非常にラクになります。

よくある税務事例というのは
後でそれに出くわす人が必ず出てきます。
その事例について、事務所内でまとめてあって、
それにすぐにアクセスできる状態になっていれば
業務の効率化が図れます。

紙媒体でそれを保管・アクセスするのは事実上不可能ですので
通常は事務所内ネットワーク上にその事例をまとめた
電子ファイル(エクセルやワード、PDFなど)を蓄えておいて
それにアクセスできる状態にしているかと思います。

知識共有化するための専門のデータベースシステムを
持っている事務所もあるでしょう。

ただし、やはりそのような仕組みを持っている事務所は
少ないと思います。

また、「仕事はラクしてするものではない、自分で苦労して
覚えるものだ」という考え方の事務所も多いですので
積極的に知識共有化の仕組みを作ろうとしている事務所は
少ないのでは、と思います。
関連記事

trackback

まとめtyaiました【面接のときに聞いた方がいいんだけども聞くと採用されないかもしれない質問3】 :まとめwoネタ速neo

続いての質問です。「税務知識・税務事例を従業員で共有化する仕組み作りは行われているか?」「税務知識・税務事例のデータベース作りが行われているか?」実務上、よく登場する事例や注意しなければならない事例が税理士事務所内でまとめられおり、そこに従業員がアクセ...

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。