税理士は異端国家資格7 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士は異端国家資格7

20111216

別に修士論文免除が絶対にダメというわけではありません。
税理士資格を使いこなせない人が居て
納税者に迷惑を掛けることが問題なのです。

逆に修士論文免除をお勧めできる方もいます。

それは営業能力が普通の税理士よりも優れている場合です。

官報合格した税理士の最大の武器は会計・税法の知識ですが
最大の弱点は営業能力です。

自らが積極的に営業して
お客さんをどんどん呼び込める税理士は
非常に希です。

税法の知識もあって営業力もバリバリある税理士は
ほとんどいません。
税理士は皆、営業に苦手意識をもっているのです。

そのため営業力に自信があって
いくらでもお客さんを新規に獲得する自信を持っているけども
税理士試験が難しすぎて受からない人は
修士論文免除で税理士になると
税理士事務所の経営は成功する可能性は高いです。

営業ができる税理士が経営者になって、
実務は他の税理士を雇って補佐してもらう形にすれば
人間関係で揉めない限り
その税理士事務所は成功するでしょう。

なぜならば税理士事務所経営にとって最も重要な営業力が
他の事務所よりも勝っているからです。

補佐する税理士も営業は苦手でしょうから
営業な得意な税理士がどんどんお客さんを取ってきてくれることは
自分の弱点を補ってくれることになり
仕事がやりやすいでしょう。

修士論文免除も使い方次第ということです。
関連記事

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。