税理士は異端国家資格3 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士は異端国家資格3

20111127

修士論文で税法2科目が免除という
他の難関国家資格から見れば異常な制度が存在しているところが
税理士資格を胡散臭いものにしている一つの原因です。

ちなみに私が大学を卒業した2001年の春までは、
修士論文で税法3科目が免除可能でした。

そのときに修士論文の免除規定が改正になり、

税法は
3科目免除→2科目免除
となり、

会計は
2科目免除→1科目免除
となりました。

それぞれ、1科目免除が少なくなったんですね。

2001年までは
「ダブルマスター」(2つの修士号)
で税理士試験の科目合格がゼロであっても
会計学と租税法(財政学)の修士号が2つあれば税理士登録が可能でした。

それはさすがにやりすぎということで
科目免除数が減ったのです。

今もそうですが大学院の免除規定を利用するのは
親が税理士をやっている2世、3世が多いようです。

子が税理士事務所を引き継ぎたいのですが
試験が難しすぎて合格できない方達が積極的に利用されているようです。

一部の方達にとってはまだまだ
おいしい仕組みですので。

関連記事

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。