税理士受験生が費やすもの・失うもの2 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士受験生が費やすもの・失うもの2

20110909

前回の記事で書いたように、
税理士資格を5科目取得して揃えるには大変多くのものを
費やす必要があります。

ただし、合格さえすれば得られるものは
費やしたもの以上にありますので
合格できれば、取り返すことは可能です。

一番まずいのは合格できずに何年も受験勉強に時間を費やしてしまうことです。
失うばかりで何も得られるものがありません。

合格できる見込、計算が立つのであれば
何年費やしても構いませんが
見込がないのであれば別の自分が向いている分野で頑張った方がよいと思います。

一つの目安としては2年勉強して1科目も取れないのであれば
向いていない可能性が高いです。(働きながらの場合)
2年ごとに1科目取れれば10年で合格できます。
それでも10年というのは気が遠くなる期間です。

専念であれば1年で1.5~2科目は合格したいです。
関連記事

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。