ワークシェアしませんか? - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークシェアしませんか?

20110608

今はどこの税理士事務所もそうだと思うのですが
1人1人の作業負荷が高くなっていると思います。

つまり、少人数の職員でなるべく多くの仕事を回す、
という状況が常態化していると思います。

これは次のような影響を与えます。

①経営者(所長)は、仕事を分け与える、引継ぎを行うという
コストを省くことになるので事務所が儲かる。

②作業者は多くの作業量をこなすので
仕事に対する経験値が上がる。

③新規の作業者(新人)が入り込めないので
若い人が税理士業界の仕事にありつけない。


①の人は、現在進行形で多額のキャッシュが手に入るので
ハッピーです。

②の人は、まあ今は忙しいのは大変ですけど
経験値が蓄積できるので将来的には①の立場になり、
将来的にはハッピーです。

③の人は、仕事にありつけないので、
アンハッピーです。

私が分析するに、③の人が一番割り食ってるような気がします。

関連記事

コメント

非公開コメント
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。