2012年01月 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型ポメラDM100のATOK辞書登録

20120117

DM100のPC-ATOK辞書の登録方法について
記しておきます。

パソコンのATOK辞書をDM100に登録するのとしないのとでは
入力効率がまったくもって違います。
まず、一番最初にやっておきたい作業です。

1.辞書ユーティリティを起動します
074.png

2.「ツール」→「単語・用例の一覧出力」
075.png

3.pcatok.txtのファイル名で保存します
076.png

4.DM100本体のPcAtokフォルダに3.で作成したpcatok.txtを移動します
077.png

5.「DM100のメニュー/単語登録」→「ATOKオプション」
078.jpg

6.「PC版ATOKユーザー辞書」にチェック(スペースキー)
079.jpg

以上でDM100でPC-ATOK辞書を使用することができるようになります。

スポンサーサイト

Dropboxのしくみが凄すぎる

20120118

パソコンで仕事をするのが当たり前になってくると
次のようなニーズが登場してきます。

「会社PCで作成したファイルを自宅PCでも編集したい」

Dropbox(ドロップボックス)が登場するまでは
上記のニーズを満たすには、
次のような運用が行われていました。

080.png

FTPサーバにおいてファイルを一元管理し、
会社と自宅ではFTPサーバにあるファイルを
PCにダウンロードして編集、
そして編集が終わったらそのファイルを
FTPサーバにアップロードするやり方です。
(図は会社PC、自宅PCのAフォルダの中にあるファイルをup、downする意味です。)

そうすれば常にFTPサーバのファイルが一元管理されて
最新版の状態になるというわけです。

これの欠点は、「ダウンロードとアップロードがめんどくさい」
という点です。

FTPサーバにあるファイルを直接開いて、編集→保存が
できないものですから
いちいち会社PC、自宅PCにダウンロードしてから
編集してアップロードする必要があるわけです。

擬似的にFTPサーバのファイルを直接編集、保存させる
WebDriveというアプリもあるにはあるのですが
使ってみるとイマイチでした。
なぜならばWebDriveは
「会社PCで作成したファイルを自宅PCでも編集したい」
を解消するソフトではなく、
FTPサーバ上のファイルをエクスプローラーで操作するために
作られているためです。
会社PC、自宅PCでファイルを一元化する目的のものではないのです。
--------
上記の手間を劇的に解消するのがDropboxというアプリです。
(続きます)

Dropboxのしくみが凄すぎる2

20120120

FTPサーバによるファイル一元管理ではなく、
Dropboxによるファイル一元管理を行いますと
概念図としては次のようになります。
081.png
Dropboxの使い方ですが
会社PCと自宅PCにDropboxをインストールします。
そうするとそれぞれのPCにDropboxが管理するフォルダが作成されます。
そのフォルダの場所は、インストール時に任意に指定できます。
(インストール後、自由に変えることもできます)

その後、両者のPCで一元管理したいファイルを
Dropboxが管理するフォルダに格納していきます。
格納されたファイルは常に両者のPCで同一のものになります。
どちらかのPCで変更した内容は、常に他方のPCに反映されます。
(インターネット環境に接続されていることが必須です)

前稿の図のようにFTPサーバはなくなります。
しかしながら他方のファイル更新内容が、他方のファイルへ反映される以上、
FTPサーバの役割をするサーバは
利用者の見えないところで存在しています。

Dropboxが管理するフォルダに入れるだけで
すべてDropboxが自動でup、downをしてくれて
会社PC、自宅PCのどちらでファイルを編集しても
その編集結果が他方のファイルへ反映されるのです。
(前稿概念図の1~4の自動化)

利用者はそれを意識することなく
ファイル一元管理ができるところがDropboxの凄さです。

これまで手作業が必要であったものが
システムにより自動化される、
これはまさにシステムの神髄です。

PCとポメラのファイル同期方法

20120123

ポメラは単に書くためだけの道具であり、
書いた文章をFixさせるのはパソコンの仕事です。

「Fixさせる」とは書いた文章をブログに投稿して
完成させることや、打ち合わせで取った議事録を
パソコンの議事録フォルダに格納させて保管完了することをいいます。

ポメラで書いた文章は、単なる下書きであり、
まだ行き場の定まっていない未確定の状態です。
その行き場を決める仕事はポメラではできませんので
必然的にパソコンの仕事になります。

さて、会社と自宅にパソコンがある状態ですと
ポメラで書いた下書状態の文書をFixさせる仕事を
会社で行いたいときもありますし、
自宅で行いたいときもあります。

そのようなときに、
どうやって会社PC、自宅PC、ポメラの
それぞれにあるファイルを管理していくのか。

私が行っている管理方法をご紹介したいと思います。

続きます。

PCとポメラのファイル同期方法2

20120125

外出先で、ポメラを使って文書作成をし、
その作成文書を会社PCまたは自宅PCにコピーする。
そして会社PCまたは自宅PCでそのファイルに
微修正を加え、Fixさせる。
基本的な作業の流れは以上のようなやりかたです。

ファイルのFix作業が一回で済めばいいのですが、
会社PCでやり始めたFix作業が一回では完了せずに
作業途中で中断せざるをえないときも出てきます。

このときに会社PC、自宅PC、ポメラの3者の間で、
作業途中の更新内容がすべて3者で反映されて
内容が同じになれば作業再開を、
どこのデバイスであっても続けられることができます。

つまり、会社PC、自宅PC、ポメラの3者が
常に同じファイルである仕組みがあれば
作業中断の状態を気にしなくても済むわけです。

082.png
-------
(続きます。)

PCとポメラのファイル同期方法3

20120127

会社PC、自宅PC、ポメラの3者間の同期方法は、
次の2つに切り分けられます。
083.png
(1)会社PCと自宅PCの間のファイル同期
→これは、Dropboxを使用します。
Dropboxを使えば会社PCと自宅PCのファイルは常に同じになります。
Dropboxがどのようなものかであるかは
過去記事の
Dropboxのしくみが凄すぎる
Dropboxのしくみが凄すぎる2
で紹介してありますのでご覧ください。

(2)ポメラとPC(会社+自宅)の間のファイル同期
→(2)はポメラとPCの同期の仕組みです。
ポメラとPCの間のファイル同期は
GoodSync(グッドシンク)というアプリを使用します。

GoodSyncは2者のデバイス
(ポメラ⇔会社PC、あるいはポメラ⇔自宅PC)
が持つファイルを比較して、
更新された新しい方のファイルを
古いファイルに上書するアプリです。
つまりファイル同期アプリです。

ポメラで更新した内容があれば、
ポメラ→PCへ更新内容が上書きされますし、
PCで更新した内容があればPC→ポメラへ更新内容が上書きされます。

goodsyncの設定方法については、
次稿で説明していきたいと思います。

PCとポメラのファイル同期方法4(会社PCとポメラの同期)

20120129

では、ポメラとPCを同期するときに使用する
GoodSync(グッドシンク)のインストールについて
説明していきます。

GoodSyncはいくつか種類がありまして
ポメラとPCを同期する際には
「GoodSync2Go」というバージョンを使います。

これは本来、USBメモリにGoodSyncをインストールして
USBメモリ⇔PCの間で同期するためのものですが
ご存じのとおり、ポメラはUSBメモリと同じ使い方ができますので
ポメラ本体に「GoodSync2Go」(外出するためのGoodSync)
をインストールします。
084.png

ポメラへのインストール手順は次のとおりになります。

1.ダウンロードしてインストーラーを起動すると
次のような画面になりますのでインストールする場所をポメラドライブにします。
085.png

2.インストール完了画面です。
086.png

3.初期設定を行います。
まずは、ポメラと会社PCを同期するための設定です。
ポメラ⇔会社PCを同期する「ジョブ」というものを作成します。
「ジョブ名を入力」にわかりやすいように「会社PCと同期」と
入力します。
087.png

4.フォルダ設定を行います。
088.png

5.解析とシンクロを行います。
089.png

6.これで会社PCとポメラのファイルは同じになりました。
まだ自宅PC⇔ポメラの同期設定が残っていますので
次はその設定を行います。
090.png
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。