2011年06月 - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士試験に必要なものランキング2位

20110602

2位:勉強時間
です。

誰しも人よりも短い勉強時間で合格したい、
と思うかもしれませんが
税法科目は短い勉強時間で合格できるほど甘くはありません。

覚える量が多いですのでどうしても一定以上の勉強時間は必要です。

所得税法・法人税法に合格に必要な勉強時間
所得税法・法人税法に合格に必要な勉強時間2
で所得税法と法人税法の勉強時間について書きましたが
講義の時間を含めて、それぞれ1,800時間は欲しいところです。

1年で合格するには、
1日あたりだと1,800/365=約5時間
1週間あたりだと1,800/52=約35時間
という計算です。

社会人の方ですと、
平日2~3時間/日
土日で12時間/日
のペースで最後まで勉強できれば合格できる可能性は高くなります。

たとえばこの勉強時間の半分では
法人税法、所得税法には絶対に受かりません。

この勉強時間の8~9割くらいで受かれば、
ラッキーだと思います

暗記しなければならないボリュームを考えると
他の受験生と勝負の土俵に立つには
勉強時間は必要条件になります。


余談ですが1,800時間勉強すれば
所得税法、法人税法に必ず合格できるわけではありませんので
ご注意ください。
1,800時間はあくまで一つの目安です。

各受験生の、受験環境により1,800時間で受かる人もいれば
受からない人もいますので。

受験環境とは次のようなものが挙げられます。

・受験専念/社会人
・通学/通信
・自習室で勉強/自宅で勉強
・これまでの人生においてペーパーテスト経験値が豊富/乏しい
・1科目受験/複数科目受験
・人生後がない/後がある

左側の環境にある人の方が、受験環境としては有利です。
スポンサーサイト

税理士試験に必要なものランキング3位

20110606

3位:勉強テクニック
です。

当ブログ税理士試験・「超」理論暗記法では、
この勉強テクニックをメインに書いています。

ただ、税理士試験においては残念ながら
この勉強テクニックは
1位:根性と
2位:勉強時間
には負けます。

他人と自分との根性のレベル、勉強時間のレベル
の差にもよりますが
普通は、根性あるいは勉強時間で他人に負けていれば
どんなに優れた勉強テクニックを持っていても
残念ながら勝つことはできません。

とは言っても、他人が自分とは桁違いの
根性、勉強時間を持っているわけではありません。

受験専念、社会人の違いはあっても
根性と勉強時間にさほど大きな差をつけることができないのが
実情だと思います。

そうなると、同じレベルの根性・勉強時間である
他の受験生との勝負であれば
勉強テクニックが優れている方が勝ちますので
やはり、勉強テクニック次第で合否が分かれることが
十分あり得ると私は思います。




6月の忙しさ

20110607

税理士事務所は6月も忙しかったりします。

・3月決算法人で、期限延長を出しているために6月申告期限法人が
 それなりにある。

・連結納税を選択している3月決算法人の申告期限である。

・スポット(相続、単発の検討案件)の仕事が3~5月は手つかずであり、
 遅れがちであるので進めなければならない。


年明けてから、いつゆっくり休めるの???
という感じです。

夏までは落ち着けないですね。

ワークシェアしませんか?

20110608

今はどこの税理士事務所もそうだと思うのですが
1人1人の作業負荷が高くなっていると思います。

つまり、少人数の職員でなるべく多くの仕事を回す、
という状況が常態化していると思います。

これは次のような影響を与えます。

①経営者(所長)は、仕事を分け与える、引継ぎを行うという
コストを省くことになるので事務所が儲かる。

②作業者は多くの作業量をこなすので
仕事に対する経験値が上がる。

③新規の作業者(新人)が入り込めないので
若い人が税理士業界の仕事にありつけない。


①の人は、現在進行形で多額のキャッシュが手に入るので
ハッピーです。

②の人は、まあ今は忙しいのは大変ですけど
経験値が蓄積できるので将来的には①の立場になり、
将来的にはハッピーです。

③の人は、仕事にありつけないので、
アンハッピーです。

私が分析するに、③の人が一番割り食ってるような気がします。

税理士試験に必要なものランキング4位

20110614

4位:ペーパーテストの経験値
です。

端的にいうと、大学入学時までに、
どれくらいペーパーテストに揉まれてきたかです。

大学までの受験勉強で、
死ぬくらい必死で勉強してきた人は
非常に厳しい税理士試験に対しても抵抗なく
立ち向かうことができます。

大学までの受験勉強で苦労というものを
してこなかった人は税理士試験で苦労します。

ペーパーテストの経験値が多い人は
・長時間、自己学習することに対して抵抗がない
・他人よりもどうやったら良い点が取れるかを考えることができる
・勉強することの意義を見いだすことができる
という能力をすでに獲得できています。


資格で、人生一発逆転とはよく聞くフレーズですが
実は、大学入学まで受験経験値が
国家資格の合否に影響してきますので
努力の結果、大学受験で成功を獲得できた人は、
国家資格でも成功する可能性が確率論としては高いです。
というわけで、実は一発逆転というわけでもなかったりします。

国家資格の勉強だけ、がんばればいいやというわけにはいかず、
これまでの人生の積み重ねが
国家資格合格に影響してくるところが因果なものです。

逆に、これまでがんばって積み重ねてきた人というのは
国家資格受験においても有利に働きます。

税理士試験に必要なものランキング5位

20110615

5位:税務・会計の勉強に少しでも楽しさを見出せるか
です。

税理士試験に合格するまでは、
受験生は修行僧のような生活を送らなければなりません。

他人と同じようなリラックスした生活を送ることはできません。

自分の自由な手持ち時間をすべて
勉強に充てないと合格することは難しいです。

そのような苦行とも言える生活を
税理士受験生は送らなければならないのですが
その苦行生活を支える助けの1つになるのが、
ほんの少しでも勉強をしていて楽しいかどうかです。

もちろん、勉強を行う行為自体は
決して楽しいものではなく、苦しいものです。
しかし苦しい中でも会計、税法に対して
かすかな楽しみを見いだすことができるのであれば
苦しくても勉強を続けることができ、合格のための一助になると思います。

まあ、楽しいと感じられるかどうかは
本人の興味の問題ですので
努力すれば、楽しく感じられるわけではありません。
こればっかりは先天的な好き嫌いですので
会計、税務が嫌いな人はずっと嫌いなままだと思います。

税理士試験に必要ないもの1~インターネット

20110619

税理士試験受験生にとって、必要でないものの1つに
インターネットがあります。

はっきり言ってインターネットは金食い虫ならぬ、
時間食い虫です。
一度やり始めてしまうと止めどきを失ってしまい
ずるずると時間を浪費してしまいます。

受験生の勉強場所のベストは専門学校の自習室ですが、
自習室がベストである理由の1つには、
家のように自由にインターネットができないということもあります。

仮に、インターネットをやるとするならば
絶対に時間を区切ってやるようにしてください。

1日、10分間だけ、というふうに。

それに関連してですが
税理士受験生は、休憩時間の管理も自ら行わなければなりません。
だらだら休むのではなく、2時間おきに15分だけ休むというふうに。
ですので休憩室で何十分もだべっている暇はないわけです。

休憩時間の管理は、勉強時間の管理の裏表の関係ですので
休憩時間の管理が行えるということは、
勉強時間の管理を行っているということです。

まあ、一言でいうと自己管理ができていないと
簡単には税理士試験に受からないよということですね。

このことは根性の有無ということにも繋がってくるのですが。

税理士試験に必要ないもの2~携帯メール

20110620

インターネットと同義かもしれませんが、
税理士試験受験生にとって必要ないものとして
別途挙げておきます。

携帯メールはコミュニケーション情報量の観点では
非常に効率が悪い手段です。
本当に用件だけを1回きり伝えるだけならばよいのですが
携帯メールを使って会話をしている人達が世の中にはたくさんいます。

こういう人たちはコミュニケーションのキャッチボールを
携帯メールという手段を使って楽しんでいるわけですが
情報の伝達効率で考えると非効率極まりないです。

暇な学生であれば、暇な時間をどう使おうと自由ですので
勝手にやってもらって全然構わないのですが
税理士試験受験生は携帯メールを使って会話をする時間は
とてもありません。

くれぐれも携帯メールによる時間の浪費には
ご注意ください。
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。