プロフィール - 税理士試験・「超」理論暗記法

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のプロフィール(1)

20101214

本稿では税法理論暗記の方法論を説明していきますが、
まずは、その説明をする私が何者であるのかということを
簡単にご紹介させていただきます。

私は1978年の関西生まれ、関西育ちです。
2001年に某国立大学経済学部を卒業して
同年、某外資系コンサルティング会社に就職しました。

ここでITコンサルティングや業務コンサルティングの仕事に従事しました。

そこで5年間の社会人生活を送りました。
そして会社を退職した後、1年7ヶ月の税理士受験生活に入ります。

この1年7ヶ月の期間はアルバイト・就職を一切せずに
受験専念の環境で勉強しました。

私の場合、1年7ヶ月の受験勉強期間で2回の受験をして
次のような結果となりました。

 ○1回目の受験:消費税法、相続税法(H18.1月~H18.7月の7ヶ月間勉強)
  →消費税法に合格。相続税法は不合格。

 ○2回目の受験:所得税法、法人税法(H18.9月~H19.7月の11ヶ月間勉強)
  →所得税法法人税法に合格

ちなみに簿記論財務諸表論は大学3年生のときに既に合格しており、
大学卒業後の受験では必要ありませんでした。
スポンサーサイト

私のプロフィール(2)

20101216

自分で言うのもアレですが1年半の受験勉強期間で
3税法科目に合格できる人というのはかなり珍しいと思います。

専門学校に通いながら、たった1つの税法科目を2年3年と勉強しても
合格することができない人は大勢います。

そのくらい税法科目に合格することは難易度が高いものです。

わたしはこの1年半の受験勉強生活の中で、
どうすれば効率的に理論暗記を行うことができ、
合格に結びつくようになるのかを常に考えながら受験勉強を行ってきました。

そして、私の中で
「こうやって理論暗記を行えば、
税法科目の合格レベルに達する暗記をすることができる」
という方法論を確立することができました。

その方法論、つまり「超」理論暗記法については、
追って詳細にご説明していきます。

ちなみに、1年目の受験では
消費税法と相続税法の2科目を受けましたが
相続税法は不合格でした。

実は1年目はまだ、自分の中で「超」理論暗記法が
完成しておらず、まだ発展段階でした。

まあ、仮定のハナシをしてもしょうがないのですが、
受験勉強を始めた当初から「超」理論暗記法を
身につけていれば、多分相続税法も合格できていたのでは、
と自分では勝手に思っています。

「超」理論暗記法は2年目の法人税法と所得税法の
勉強を進めていく中で完成されました。

私のプロフィール(3)

20101216

私は小学校から大学まで全て公立の学校に
通っていたのですが、他の人と大きく違っているのは
一度も学習塾・予備校に行ったことがない、ということです。

全て学校の授業と、自分で購入した参考書で勉強してきました。

今から思うと、勉強の効率は非常に悪かったと思います。

学習塾に通えば、受験のプロ講師に様々な
勉強の方法論を教えてもらえたと思います。

私が合格することができた大学の
学力に達するのにも、ずいぶん遠回りをしたはずです。

大学受験のために私がしていた勉強法といえば
ただひたすら長時間勉強をすることでした。

平日は学校から帰ってきてから毎日5時間、
土日は1日10時間は勉強していたと思います。

高校1年の6月頃~高校3年の2月の
約2年9ヶ月間、毎日が勉強漬けの生活でした。

学習塾・大学受験予備校に通っていれば
もっと短時間で、大学に合格していたでしょう。

あるいは、同じ勉強時間でもうワンランク上の
大学に合格していたかもしれません。

私のプロフィール(4)

20101217

私のプロフィールの続きについてですが、
そういうわけで、学習塾・予備校というものに
一度も通ったことがなかったわけです。

大学3年のときに合格した簿記論・財務諸表論についても
税理士試験の専門学校に通いませんでした。

いわゆる独学で合格しました。

今から考えれば、受験勉強のための時間はかなりの浪費でした。
大原に通っていればもっと短期間で合格できていたでしょうね。

まあ、それはそれで別にいいんですが
会社に5年勤めたあとに、
さあ税理士になろうかと考えたときには
そのときは社会人を5年もしていましたので
それなりの蓄えがあり時間も限られていますので
専門学校に通うことにしました。

通ったのは大原簿記専門学校の水道橋校(東京校)です。

私のプロフィール(5)

20101220

そんなわけで
私が人生で初めて通った受験予備校が
大原簿記学校(水道橋校)の税理士講座でした。

とにかく、衝撃を受けました。

受験予備校というものは
これほどよくできているものだったのか、
と27歳にして初めて知りました。

私は大学3年のときに
簿記論、財務諸表論、消費税法の3科目を
独学で勉強し、受験しました。
簿記論、財務諸表論は合格しましたが消費税法は不合格でした。

実は、このとき自分の中では消費税法もよく勉強していたので
受かっているのでは、と思っていました。

もちろん、それほど甘くはありませんでした。

27歳のとき、大原簿記学校に通って初めて、
大学3年の頃の勉強、つまり独学では
税法科目は受からないんだなと理解することができました。

専門学校に通ってはじめて、
最低限、受験予備校が持っているカリキュラムに沿って
勉強しないことには他の受験生に並ぶことすら
できないんだな、ということを肌で感じました。

もちろん並ぶだけでは抜け出して合格することなどは
できません。

他の受験生と並んで、さらに
他の受験生に勝る努力、勉強方法を確立しないことには
厳しい競争を勝ち抜くことはできません。


合格に一番近い受講スタイルは、
週2回、学校に通うことです。

税法科目は独学では合格できません。

ビデオ講義や通信も難しいでしょう。

週1回の1日2コマ授業(ロング授業)よりも
週2回、学校に通ってください。
それこそが一番の近道です。

私のプロフィール(6)

20101221

2006年の1月~7月の間、
大原簿記学校 水道橋口で

月・木 18:30~21:30 消費税法
火・金 18:30~21:30 相続税法

に通学していました。

今から思うと、
通学は夜ではなく、朝の方がよかったですね。

受験専念生の方は、朝型の生活スタイルの方がよいです。

私のプロフィール(7)

20101226

1年目の税法受験が終わってからは、

2006年の9月~2007年7月の期間で


月・木 10:00~13:00 所得税法
火・金 10:00~13:00 法人税法

に通学しました。


1回目の受験のときは、夜に受講していたのですが
2回目のときは朝に受講することにしました。


どうして夜から朝に変えたか、
の理由は余り明確には覚えていないのですが
1つの要因として、
受講してみたい先生がいたことがあります。


その先生は所得税の先生だったのですが
大原簿記学校ではたまに
授業以外で、税理士試験セミナーをやっていまして
そのときは確か理論暗記をテーマにしたセミナーでした。

そのセミナーを受けてみて
2年目の私の所得税の先生となる方が
お話をされていて、
ものすごく、説明が上手い方でした。

見た目は若い(後でわかったのですが私と同い年でした)
のですが人を引き込むしゃべりをされるものですから
これはただ者ではないな、と感じて
所得税の講義は是非この先生に!
と思いました。


そうしてその先生の講義の時間帯を選択してみると
月曜の午前でしたので
2年目の受験は午前にするか、ということになりました。


この先生について行けば間違いない、
という方を各人が見つける努力や情報収集をすることも
大事なことです。
(私は努力したわけではなく、たまたまでしたが・・・)



私のプロフィール(8)

20110102

回り道も悪くはない、


これは私のこれまでの経歴を振り返ってきて
実感していることです。

なぜかと言うと、回り道も
それなりに得られるものがあるからです。

大学受験では
塾・予備校に通わずに闇雲に勉強するだけで
大学に合格しました。
私が行っていた勉強法は
ただひたすら長時間勉強することだけでした。

でも、これは税理士試験の合格にあたり
とても役立ちました。

なぜかというと、大学受験のおかげで
長時間勉強してもそれほど苦痛を感じなくなって
いたからです。

大学受験では約3年間の勉強期間でしたが
税理士試験は約1年半でしたから
大学受験の勉強期間の方が長丁場でした。

大学受験のときの毎日勉強する習慣が
税理士受験でも役立ちました。
ひたすら毎日勉強することがそれほど苦痛では
ありませんでした。


私はよく大学受験を行うときの夢を見ます。
たとえば、試験日なのに
スケジュール通り勉強できていない状況で
試験を受けなければならない夢などです。

多分、大学受験のプレッシャーが
それほどきつかったからだと思います。
(税理士試験の夢も見ますが、
大学受験ほどではありません)

大学受験では結果的に人よりも効率の悪い勉強で
長時間勉強しなければならず、
回り道になってしまいましたが
税理士試験に役立ったので
無駄なことではなかったのです。



私のプロフィール(9)

20110102

私が税理士試験に合格したのは
29歳のときでした。

そして、同じく29歳になる年に
初めて税理士業界に入りましたので
業界の経験はまだまだ少ないです。

29歳になって税理士業界に初めて入ったのは
それまではコンサルティング会社で働いてたからです。

この先、私は一生税理士業で飯を食べていくことになるでしょうが
他の税理士業界で働いている人に比べれば
数年間、回り道をしていたことになります。

それで、「もっと早く税理士業界で働いていればよかった」
と思うかといえば全くそんなことはありません。

むしろ、税理士業界に入る前に
「他の業種で働いてよかった」と感じています。

その理由としては
普通でない税理士になれるから、
です。

私のプロフィール(10)

20110103

普通でない税理士とは
前職で得た能力と組み合わせた税理士になれる、
ということです。


私の場合には
前職のコンサルティング会社で
コンピュータのプログラミングもしていました。

C言語、VisualBasic、Javaでプログラムを書き、
もちろんデータベースの操作も行っていました。

税理士になったからと言って
もちろんアプリケーションを作成するための
プログラミングは必要ではありません。

しかし、お客さんの会計データを分析するときに
仕訳データを変形させ、集計させるために
EXCELのマクロ(VisualBasic)を使うことがあります。

そうすると手作業よりも早くデータ加工を行うことができ、
かつ、一度マクロを作成してしまえば
そのマクロは次回以降、毎回使えますので
業務の効率化にも結びつきます。


また、税理士事務所内のネットワーク構成や
サーバ構成をどのように持てば効率的な
社内LANを組むことができるのか、という知識も
身についていますので今の職場でも役に立っています。



私のプロフィール(11)

20110103

このように、前職で身につけた能力は
必ず税理士の仕事と組み合わせることができます。

これは前職がどんな仕事であっても可能だと
私は思っています。

私の場合は
プログラミング(ITスキル)×税理士

でしたが、様々なパターンが考えられると思います。

・営業×税理士
・接客業×税理士
・製造業×税理士
・講師業(大原やTACの講師など)×税理士

税理士業しかやってこなかった人よりも
プラスアルファの経験があることにより
いわば強みが2つ(以上)ある税理士になることができます。

税理士業しかやったことがない方というのは
言うことが薄っぺらいこともあります。
サービス・製造の現場を知りませんので。

前職でサービス・製造の最前線で働くことが
できた方は、その経験・能力を税理士業と組み合わせて
一歩上の税理士サービスの提供ができるはずです。
カテゴリ
プロフィール

しゅしゅ

Author:しゅしゅ
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ←クリックが励みになります(ランキング参加中です)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

池袋で働く税理士です。

このブログでご紹介する「超」理論暗記法を用い1年7ヶ月の専念期間で消費税、法人税、所得税の3税法に合格することができました。

このブログは過去の記事から話が繋がっていますので初めての方は2010年12月の最初から読まれることをおすすめします。

また、初めての方はカテゴリ毎で読んだ方が読みやすいと思います。

当サイトはリンクフリーですので
ご自由にどうぞ!
税理士 理論 暗記

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。